鍋奉行様の〆まで楽しめ! ~鍋の醍醐味は最後の〆にある~

鍋奉行様の〆まで楽しめ!

定番の鍋やご当地鍋、トレンド鍋など、それぞれの鍋にあう
〆(しめ)レシピやポイントを多数掲載するオリジナルコンテンツ。
お好みの鍋〆を見つけて、〆まで楽しんでくだされ!

鍋奉行様の
〆まで楽しめ!

定番の鍋やご当地鍋、トレンド鍋など、それぞれの鍋にあう〆(しめ)レシピやポイントを多数掲載するオリジナルコンテンツ。
お好みの鍋〆を見つけて、〆まで楽しんでくだされ!

おいしい鍋づくり

  • 其の壱

    野菜は火が通りにくいものから先に入れるべし

    ごぼうや里芋、にんじんなどの根菜類は、食べごろのやわらかさになるまでに時間がかかるので先に鍋へ。次に、白菜の軸の部分やしいたけなど。白菜の葉、春菊などは後に。

  • 其の弐

    アク取りはおいしい鍋の生命線

    おいしい鍋を味わうためには、こまめなアク取りが不可欠なり。しかし、あまりにも丁寧に取り過ぎると、せっかくの「旨み」まで取ることになるので、気を使いつつほどほどにな。

  • 其の参

    火加減の調整は、最後までこまめに

    例えば、途中で大量の野菜を追加すると、スープの温度がぐっと下がる。火を強めに調整し、沸いたら中火、さらに弱火へ。怠けずに火加減を調整することが、最後までおいしい鍋を保つ秘訣なり。

  • 其の四

    名脇役のねぎに、ひと手間加えて

    鍋料理に欠かせないねぎ。鍋に入れる前に、焼き網などで軽く焼き目を付けておくと、香ばしい香りが楽しめる。あっさりした味付けの鍋の際に、試してみるがよい。

  • 其の伍

    魚の煮くずれを防ぐワザ

    切り身魚や煮くずれしやすい魚を具材に使う際には、あらかじめサッと湯に通して冷水で冷まし、水気を切っておくとよい。臭みもなくなり、煮くずれしにくくなる。

  • 其の六

    レンジでチン!して、
    もしくは冷凍のまま、お鍋の中へ

    先にレンジで解凍・加熱しておけば、鍋に入れて直ぐに食することが出来るぞ。または、手間をかけず冷凍のまま鍋に入れてひと煮立ち。しばし待たれよ。

ぽこ太のお鍋うんちく

具材から出たさまざまなエキスをたっぷり含んだスープは栄養満点だよ。健康や美容のためにも、残さずおいしく食べたいっ!だから、鍋には「シメ」があるんだ。シメにはうどんがよく使われるけど、それにはちゃ~んと理由がある。うどんには、消化酵素の働きを助けるグルテンという成分がたくさん含まれていて、シメにうどんを食べることで、他の具材の消化まで助けてくれるんだ!最後のシメまで楽しんでこそ、本当の鍋料理なんだなぁ~。

  • うどん風雲録
  • さぬきうどん 丹念
  • 国際うどん大学
  • 二十四節気うどんメニュー 霜降
  • 二十四節気ごはんメニュー 霜降
  • うどん・ごはんレシピチャンネル
Page Top