うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

鍋奉行様の 〆まで楽しめ! 鍋奉行様の 〆まで楽しめ!

ごま豆乳鍋

豆乳鍋は沸点が低いので、こまめにかき混ぜることが大切でござる。

材料(4人分)

  • 豚肉(しゃぶしゃぶ用)...約400g
  • あさり...200g
  • 白菜...1/4株
  • 長ねぎ...2本
  • しめじ...1パック
  • 絹ごし豆腐...1丁
  • 油揚げ...1枚
  • 水菜...1/2束
  • にんじん...飾り用
  • ごま油...お好みで適量

[A]

  • だし汁(昆布&かつお)...500cc
  • 豆乳...500cc
  • 練りごま...大さじ2
  • すりごま...大さじ2
  • みりん...大さじ1
  • みそ...大さじ1
  • 砂糖...小さじ1
  • 塩...小さじ1

お鍋の作り方

  1. 油揚げは熱湯をかけて油抜きし、絹ごし豆腐はざるにあげて水を切る。あさりは砂を吐かせておく。
  2. 具材はすべて食べやすい大きさに切る。
  3. 鍋に[A]を合わせて煮立て、煮えにくい材料から入れて煮る。※吹きこぼれないよう注意!
    (あさり→にんじん→絹ごし豆腐・油揚げ→しめじ・白菜の芯・長ねぎ→豚肉→白菜の葉・水菜)
  4. お好みでごま油をかけて召し上がれ。

このレシピのポイント!

  1. 豆乳鍋で失敗しがちなのは焦がしてしまったり、吹きこぼれてしまったり・・・
    豆乳は沸点が低く、たんぱく質なので焦げやすいのじゃ。
    またサポニンなどが含まれるためぶくぶくなりやすく、突然吹きこぼれたりもする・・・
    だから、必ず混ぜながら一度沸騰させ、お鍋を楽しんでいる時も時々底を混ぜる様にするのがコツじゃ。
  2. 油揚げは表面の油が酸化して悪い臭いがするので、熱湯をかけたり、熱湯にさっとくぐらせたりして油抜きをするというのもひとつの理由だが、それだけではないぞ。
    油でコーディングされていると、調味料などが浸透しにくく、せっかく旨みたっぷりのお鍋なのに味が染み込みにくくなるのじゃ。
  3. あさりは旨みを出しておいしいスープを作るために最初に入れる。入れたままにしておくと身がかたくなってしまうので早めに取り出すべし。
  4. スーパーでよく見かける豆乳には調整豆乳と無調整豆乳があるが、要は大豆以外何も加えていないのが無調整豆乳ということでござる。
    調整豆乳には必要最低限の添加物、調味料などが加えられている。どちらでも豆乳鍋は楽しめるが、お鍋の最初に「引き上げ湯葉」を楽しみたいという時は、無調整豆乳を選ぶのじゃ。
  5. お肉を入れる時は、必ず沸騰してから!加熱されるまでの間に臭みが出てしまうので注意じゃ。
〆うどん

ごまだれチーズうどん

〆の材料

  • 冷凍「稲庭風うどん」
  • めんつゆ
  • ピザ用チーズ

作り方

  • 残ったスープにめんつゆを加えて味をととのえる
  • 冷凍「稲庭風うどん」を入れて煮込み、ピザ用チーズを加える。
    ※具材が残っていれば、あさりは殻から取り出し、他の具材は食べやすく切って一緒に煮てもよい。
  • チーズが溶けたら器にスープとともに盛り付け、水菜を飾って召し上がれ。

〆うどんのポイント!

  1. 冷凍のままうどんを入れる場合は沸騰後約1分煮てね。レンジ加熱したうどんの場合はひと煮立ちしたらすぐにチーズを入れてね。
〆ごはん

カルボナーラ風リゾット

〆の材料

  • パックごはん
  • 粉チーズ
  • 塩・こしょう

作り方

  • 残ったスープに、レンジ加熱したご飯を加え混ぜる。
    ※具材が残っていれば、細かく切って一緒に煮込むとよい。
  • ひと煮立ちしたら、粉チーズ(パルメザンチーズ)を加えて混ぜ合わせる。
  • とろりとしてきたら塩・こしょうで味をととのえ、水菜やねぎの小口切りを飾って召し上がれ。

〆ごはんのポイント!

  1. リゾットの具材にあさりやしめじを残しておくとチーズとベストマッチ!
  2. 卵や生クリームを使って作るカルボナーラも、豆乳鍋ならチーズを加えるだけでOK。
    チーズはお米ひと粒ひと粒にからんでくれる粉チーズがおすすめだよ。
  3. 冷蔵庫にベーコン等があれば、加えてみて。より本格的なリゾットになるよ!
Page Top