うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

鍋奉行様の 〆まで楽しめ! 鍋奉行様の 〆まで楽しめ!

きりたんぽ鍋

パックごはんで作る手作り“きりたんぽ”がポイントじゃ。

材料(4人分)

  • パックごはん...1食(180g:2本分.ななめに切ったもの4個分)
  • 鶏もも肉(一口大)...2枚(約500g)
  • ごぼう(ささがき)...1本(100g)
  • 舞茸(小房に分ける)...1~2パック
  • 長ねぎ(斜め切り)...1~2本
  • せり...1束

[A]

  • 鶏がらスープの素...大さじ2
  • 塩...小さじ1/2
  • しょうゆ...大さじ1
  • 酒...大さじ2
  • 水...1ℓ

きりたんぽの作り方

  1. レンジ加熱したごはんをすり鉢やボウルに入れてすりこぎでつぶす。
  2. 7割程度つぶれたら1パックを2等分して軽く握る。
  3. (2)を串に刺し、手に薄い塩水をつけてきりたんぽの形に成形する。まな板の上で転がすようにして形をととのえる。
  4. フライパンや魚焼きグリルで転がしながら表面を焼く。
  5. 熱いうちに串を抜き、あら熱がとれたら包丁で半分に斜め切りする。

お鍋の作り方

  1. 鍋に[A]を入れてひと煮立ちさせ、鶏肉を加えてふたをする。
  2. 再沸騰したらごぼう、舞茸を加え、アクを取り除く。
  3. 3~4分煮て鶏肉に火が通ったら味をととのえ、きりたんぽと長ねぎを加える。
  4. 最後にせりを入れて仕上げる。

このレシピのポイント!

  1. きりたんぽを作る時の串は直径1cm~1.5cmの太さが必要じゃ。
    割り箸などで代用してもよいが、今回はお鍋の材料としても使う「長ねぎ」を利用するとよいぞ。
    作り方は
    ①長ねぎを半分の長さに切り、ラップで包むぞ。そのとき、ラップは長ねぎに巻き付けるのではなく、切り口からスポッとかぶせるような感じにしておくのじゃ。片方は開いたままにして長ねぎが取り出せるようにするのじゃ。
    ② ①につぶしたごはんを巻き付けるようにしてよく握るべし。手に塩水をつけながらまな板の上で転がして形をととのえるのじゃ。
    ③形が整ったら長ねぎを抜き、ラップをねじりながら引き抜くぞ。
    ④フライパンに薄く油を塗り、③を転がしながら焼くのじゃ。
    ※きりたんぽ作りに使用した長ねぎは、お鍋に使うべし。
  2. ささがきごぼうは酢水にさらしてアク抜きをしっかりするぞ。
  3. ごぼうと舞茸の旨みがぎゅっと詰まった鶏のスープは絶品じゃ。
    しょうゆは色付け程度にし、塩で味をととのえるようにすると美味じゃ。
〆うどん

鶏柚子うどん

〆の材料

  • 冷凍「丹念仕込み 本場さぬきうどん」
  • 柚子(皮)

作り方

  • 残ったスープをひと煮立ちさせる。
  • 冷凍「丹念仕込み 本場さぬきうどん」を加えて約1分煮る。
  • 柚子の皮をせん切りし、残った具材とともに盛り付けて召し上がれ。

〆うどんのポイント!

  1. 冷凍「丹念仕込み 本場さぬきうどん」は、手切り感のある太麺で煮込みレシピに最適!凍ったままスープに入れ、沸騰後1~2分を目安にお好みの加減まで煮込んでね。
  2. 柚子の皮は黄色の部分だけを薄くむいてせん切りしてね。残った果汁を搾って加え、さっぱりといただくのもおすすめだよ!
〆ごはん

鶏わさ雑炊

〆の材料

  • 青ねぎ
  • 練りわさび
  • 刻みのり

作り方

  • 残った具材は食べやすいように細かく切る。
  • 具材とスープを合わせて煮立て、きりたんぽを入れる。
  • きりたんぽをくずしながら煮込み、塩、しょうゆで味をととのえる。
  • 青ねぎとわさびをのせ、刻みのりを添えて召し上がれ。

〆ごはんのポイント!

  1. パックごはんで作ったきりたんぽを利用したレシピだよ。普段の雑炊とは違って、もちっとした食感や香ばしさが味わえるよ。
  2. きりたんぽを入れたら木べらなどでくずしながら加熱してね。全部くずしてしまわず、少しかたまりを残すようにすると美味。
  3. スープが再沸騰し、きりたんぽがほぐれてきたら食べごろだよ。
Page Top