うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

食の安全への取り組み 

原材料調達

安全な食品づくりは、安全で高品質な原材料の調達から始まります。

厳格な原材料の選定

品質管理センターでのDNA検査

使用する原材料の選定は、原材料の供給元から提供される品質規格保証書の内容を確認するだけでなく、必要に応じて供給元の原料工場で定められた製造が行われているか、品質管理が行われているかを確認しています。
さらに、適切に製造、品質管理が行われているかは定期的に監査を実施し、確認、指導しています。
野菜や肉などの主要な原材料については、テーブルマーク社内の品質管理センターで、残留農薬や抗生物質、放射性物質などの検査を行っています。

ポジティブリスト制度に基づく、厳しい残留農薬検査

2006年5月より、食品中に残留する農薬等の基準について、「ポジティブリスト制度」が施行されました。
ポジティブリスト制度とは、食品中に残留する農薬・動物用医薬品・飼料添加物等について、残留基準を整備するとともに、この基準が定められていない農薬等が一定量超えて含まれる食品の流通・販売を原則禁止する制度のことを言います。
テーブルマークでは、ポジティブリスト制度に基づき、残留農薬を厳しく検査しており、食品の安全性確保に努めています。

食の安全への取り組み
Page Top