うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

食の安全への取り組み 

生産管理体制

おいしくて、なおかつ安全が確保され、安心してお召しあがりいただける冷凍食品をお届けするために、各工場ではきめ細かい管理体制と検査体制のもとで生産を行っています。

ここでは、「ミニ春巻き」の生産工程を例にして、安全管理体制をご説明します。

1:原材料管理

原材料の品質検査

原材料の受入時には、検査シートなどを用いて、外観を含めた鮮度など品質をチェックします。

原材料の選別作業

原材料を確認し、目視、触手で変色や傷んでいる部分を取り除く選別作業を行います。

原材料の洗浄

原材料に付着している土などが製品に混入しないように、汚れを内側まで十分に洗浄します。

原材料のカット

選別作業をクリアした原材料を大きめにカットします。
原材料で使用しない部分(キャベツなら外側の葉っぱや芯)は、別途細かく刻み、肥料などに使用します。

2:具材炒め

使用機器の確認

具材を炒める前に、釜に汚れがないか、装置がきちんと動くかなどを事前に点検します。

具材の投入

レシピに従ってあらかじめ計り分けた具材、調味料を投入します。
投入前には目視で具材の状態を確認します。

炒め

原材料を決められた順番で投入し、大釜で炒めていきます。温度管理をしながら、具材ごとに適切な加熱作業を行います。

取り出し

炒めた具材を小分けにして冷まして味をなじませます。

3:成型・揚げ

春巻の皮の製造

春巻の皮も生地から作ります。
紙袋に入った小麦粉などの原料は、汚れを落とした上で工程に入れ、開封時に紙片が発生しないよう、注意して扱います。
品質が均一になるよう、十分に混ぜ合わせた生地を軽く焼き、一枚一枚カットしていきます。

春巻を巻く工程

カットされた春巻の皮に具材をのせて、具材がはみ出たり、皮が破れないように、機械で一つずつ丁寧に巻いていきます。

揚げ工程

成型された春巻は、次々と油に投入されます。揚げや油切りなど加熱工程は、温度や時間を細かく管理し、中の具材までしっかり熱が
通るように注意しています。

冷まし工程

揚げた後は、余分な油を落とし、粗熱を取ります。
定期的に揚げ具合や中身に熱が通っていることを確認しています。

4:冷凍

急速冷凍

粗熱を取った後は、直ちに冷凍庫へ入れ、急速冷凍を行います。この急速冷凍によって、作りたてのおいしさや鮮度を逃さない仕組みになっています。

温度管理

冷凍後は、すみやかに包装工程へ進みます。テーブルマークが求める商品の品質を担保するため、温度は細かく管理されています。

5:包装

製品選別

形状、色などが社内で定めている規格通りか一つずつ確認します。割れや欠け、こげなどを選別します。

トレー詰め

お客様に召しあがっていただける状態を確認した製品は、トレーへ詰めていきます。この時に、商品自体の品質検査はもちろん、個数不足等が発生していないことも、重量計や目視によって確認します。

ピロー包装

トレーにのせられた春巻はパッケージに包装します。
また、商品パッケージには賞味期限を印字しており、しっかりと印字できていることを1袋ずつ確認しています。

検査機

包装された製品は、お客様にお届けする大事な商品です。
異物が混入していないことは、X線検査機や金属探知機により確認しています。また、決められた重量で製品化できているかは重量検査機で検査しており、規格を外れたものは、生産ラインから排除される仕組みになっています。

箱詰め

工程内の全ての検査をクリアした商品のみを箱詰めします。
箱詰め後も重量確認をします。

冷凍保管

箱詰めされた商品は、専用の冷凍倉庫で一定の温度が担保される形で管理され、出荷されていきます。

食の安全への取り組み
Page Top