うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

食の安全への取り組み 

「冷凍さぬきうどん」ができるまで

本場の味わいを再現する独自製法で製造している、コシとなめらかなのどごしが特徴の「さぬきうどん」をご紹介します。

1原材料調達

主原料

主原料は小麦粉、塩、水です。小麦粉は国産とオーストラリア産を中心に、世界の小麦粉の中から厳しい基準を満たしたものを使っています。

POINT

うどんはとてもシンプルな食べ物であるため、原材料の選定はこだわりがあります。
小麦粉本来のおいしさを引き出すことが難しいため、厳しい基準を設けています。

2製造

ミキシング/圧延

小麦粉、塩、水、でんぷんを混ぜ合わせます。
気温や粉の状態に合わせて、混ぜる水の量を調節しています。
混ぜ合わせた生地は、圧力をかけて繰り返し伸ばしていきます。

熟成/圧延

伸ばした生地は、熟成させてなめらかなうどんにします。
気温や水分量で寝かせる時間や温度を調整しています。
熟成後の生地は、厚みがうどんの太さになるまで伸ばしていきます。

切り落とし

生地を麺状にカットします。
カットは、「包丁切り」と「スリッター」の2種類があります。「包丁切り」は、包丁で切るように一本ずつ切っていきます。
「スリッター」は、くしのような刃に生地を通す切り方で、一度にたくさん切ることができます。

茹で上げ/冷却

たっぷりのお湯でゆでていきます。
ゆであがったうどんは流水で優しく洗ってぬめりを取り、ただちに冷やします。

POINT

生地は、本場の手打ち製法と同じように何度も何度も伸ばしていきます。
これは、うどんのコシを出すために大切な工程となります。
うどんを傷つけないよう、大切に大切に伸ばしていき、シルクのようななめらかさに仕上げます。

3検査

冷凍/検査

1食分に計量し、まんべんなく冷凍されるように形や厚みを整えます。
ゆで上げ直後の「一番おいしい状態」を保つために、急速凍結します。

冷凍後は、うどんを包装する前に、金属検査とX線検査を行います。
金属探知機(金属検出)とX線異物検出機(小石やガラスなどの硬質異物の検出)を使用することで、万が一にも異物が入らないことをチェックして異物の入った製品の流出を防ぐため、問題のないことを確認しています。

4包装

個包装/包装

お客様が使用しやすいように、1個ずつ個包装し、賞味期限を印字します。さらに、パッケージ包装をし、この際にも金属検査とX線検査を行っています。

POINT

個包装に賞味期限を印字しているので、使用するたびに賞味期限を確認できます。

5出荷前検査

出荷前検査

出荷前には異物の他に、細菌等の検査も行います。
最後に従業員で試食をし、味や食感を確認しています。

POINT

各工程で厳しい検査に合格したものだけを出荷するよう、安全管理を徹底しています。

皆さまのテーブルに

食の安全への取り組み
Page Top