うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

食の安全への取り組み 

「新鮮卵のふっくらオムレツ」ができるまで

お弁当で大活躍の「新鮮卵のふっくらオムレツ」についてご紹介します。

1原材料調達

主原料

オムレツの原料である卵は、いつ、どのニワトリが産んだ卵なのか、はっきりと分かっているものしか使いません。
また、具材となる野菜や鶏肉は、決まった農家から直送されたものを使用しています。

POINT

工場の近くに、卵を生産する協力農家があり、新鮮で安全な卵を使うことができます。野菜や鶏肉も原産地が分かるものを使用しています。

2製造

検査・下処理①

具材になる野菜や鶏肉は、下処理前に検査をします。
野菜(ほうれん草、いんげん、にんじん、玉ねぎ)はカットし、鶏肉はミンチにします。

POINT

安全や品質の基準に合っているか、異物が入っていないか等、人の目で厳しくチェックをして、合格したものだけを使用します。

検査・下処理②

具材を炒め、だし、しょうゆ、砂糖等の調味料で味付けします。
有機しょうゆ、北海道産真昆布だし、沖縄産砂糖、かつおだし等、調味料にもこだわっています。

焼き

決まった型に卵を流し入れ、片方の型には具材を落とし、直火で焼き上げます。
卵が焼けてきたら鉄板を返し、卵同士を重ね合わせます。

POINT

焼きたてのオムレツはふわふわです。
このふっくら感は、独自の配合と製法から生まれました。

冷凍

オムレツは人の目で形が整っているか、異常はないか、厳しくチェックしてから、冷凍庫で急速冷凍します。

3包装・検査

包装・検査

冷凍したオムレツをトレーに入れます。
パッケージに包装し、賞味期限を印字します。
また、品質をチェックするために、金属検査、X線検査、重量検査を行います。
最後に、賞味期限が正しく印字されているかを確認しながら、箱詰めします。

4出荷前検査

出荷前検査

出荷前には細菌等の検査をしています。
最後は新鮮卵のふっくらオムレツを試食して、味や食感を確認しています。

皆さまのテーブルに

食の安全への取り組み
Page Top