うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

食の安全への取り組み 

「ごっつ旨い お好み焼」ができるまで

「冷凍さぬきうどん」で培った、小麦粉の加工技術を活かして製造する「ごっつ旨い お好み焼」をご紹介します。

1原材料調達

主原料

お好み焼は、「冷凍さぬきうどん」で培った小麦粉の加工技術を活かして作ります。
小麦粉はお好み焼に合うものを探し、最適なものを使っています。
ふっくらした食感のために山芋を入れるなど、配合にも秘密があります。

POINT

冷凍してもふっくら、やわらかくなるように研究しています。

2製造

具材の準備(魚介)

具材は厳しい基準に合ったものを使用しています。ここでは異物がないかの検査をします。

POINT

目視と手でしっかりと確認し、厳しくチェックします。

具材の準備(キャベツ)

キャベツは新鮮な国産を使用しています。水洗いしてから、水切りし、カットします。
具材の水分が生地に混ざって水っぽくならないよう、生地と具材は鉄板で焼く直前に混ぜ合わせます。

POINT

「角切り」と「せん切り」の2種類のキャベツを使用し、口に入れたときに異なる食感が残るよう、工夫しています。

焼き

生地と具材を鉄板の上に落とし、手焼きのように丸く成形します。
型に入れず、人が鉄板で焼くようにコテが手のような動きで生地をかきよせ、丸く形を作っていきます。
片面が焼けたらひっくり返し、もう片面を焼きます。

冷凍

焼きあがったお好み焼は急速冷凍します。
急速冷凍することで、焼きたての風味と柔らかさをそのまま閉じ込めます。

3包装・検査

包装・検査①

形が良くないものや、崩れたものは、人の目でみて取り除きます。確認したものは、すぐにラップをし、異物の混入を防ぎます。
品質を確認するため、金属検査、X線検査、重量検査などの厳しい検査を行います。

包装・検査②

ソースなどの添付品を入れ、一つの商品として包装します。添付品が入っているかを機械で確認し、賞味期限を印字します。
ここでも金属検査、X線検査、重量検査、印字検査機などの厳しい検査を行います。

4出荷前検査

出荷前検査

出荷前には細菌等の検査をしています。最後はお好み焼を試食して、味や食感を確認しています。
全ての検査に合格した商品だけを出荷します。

皆さまのテーブルに

食の安全への取り組み
Page Top