うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

鍋奉行様の 〆まで楽しめ! 鍋奉行様の 〆まで楽しめ!

チーズ鍋

コクのあるスープをコトコト煮込んで楽しめ!アレンジもいろいろできるぞ。

材料(4人分)

  • 鶏もも肉...約200g
  • スライスベーコン...約100g
  • えび...8尾
  • 里芋...小12個
  • 玉ねぎ...1個
  • マッシュルーム...2パック
  • ブロッコリー...1株
  • バター...大さじ2
  • 酒...大さじ2
  • 塩・こしょう...少々
  • スライスチーズ(とろけるタイプでなくてもOK)...約100g

[A]

  • 牛乳...250cc
  • 生クリーム...200cc
  • コンソメ...2個
  • 水...3カップ

お鍋の作り方

  1. 具材は食べやすい大きさに切る。えびは殻付きのまま背わたを取っておく。里芋、ブロッコリーは固めに塩ゆでしておく。
  2. 鶏もも肉、えびをバターでソテーし、酒をふり入れる。
  3. [A]を合わせて煮立て、煮えにくい具材から入れて煮る(里芋→玉ねぎ→マッシュルーム→スライスベーコン・ブロッコリー)。
  4. チーズをのせて20~30秒ふたをし、とろりとさせる。
  5. 煮えたものから、スープ・チーズと一緒に取り分けて召し上がれ。

このレシピのポイント!

  1. 食卓では弱火でコトコトが基本!コクのあるスープなので煮込み過ぎには注意すべし。
  2. チーズはちょっと変わったところで「カマンベールチーズ」がベーコンや豚肉によく合うぞ。お鍋の真ん中にポンと入れてからめながら食べても楽しいぞ。クリームチーズやカマンベールチーズの場合は、味付けにしょうゆやみそを少量加えると相性抜群!
  3. キムチなどをプラスして韓国風にしたり、牛乳の代わりに豆乳を使ってちょっとヘルシーしたりいろいろ楽しめるでござる。
  4. えびは食べる時にちょっと面倒だが、殻付きのまま調理したほうが旨みがよく出るうえ、小さくなりすぎるのも防げるぞ。煮込み過ぎはかたくなるので、煮えたら早めに取り出すべし。

チーズ鍋
おすすめの〆方

〆うどん

カルボナーラ風うどん

〆の材料

  • 冷凍「稲庭風うどん」
  • 卵黄

作り方

  • 残ったスープの味をととのえる。
  • 冷凍「稲庭風うどん」を入れて煮込む。お鍋用のベーコンとブロッコリーを残しておくとよい。
  • 器に(2)をスープと共に盛り付け、卵黄をのせる。
  • 卵黄とスープをからめながら召し上がれ。お好みでチーズを添えて。

〆うどんのポイント!

  1. 冷凍のままうどんを入れる場合は沸騰後約1分煮てね。レンジ加熱したうどんの場合はひと煮立ちしたらOK。
  2. 残った卵白は冷凍しておくとメレンゲ作りなどに最適だけど、卵白のみ先にお鍋に入れて加熱して食べてもおいしいよ。
〆ごはん

えびのチーズリゾット

〆の材料

  • パックごはん
  • イタリアンパセリ

作り方

  • 加熱したえびの殻をむき、細かく切る。
  • 残ったスープに、 レンジ加熱したご飯を加えて混ぜ合わせる。※具材が残っていれば、細かく切って一緒に煮込んでも良い。
  • お好みでチーズをプラスし、塩・こしょうで味をととのえる。
  • イタリアンパセリを飾って召し上がれ。

〆ごはんのポイント!

  1. リゾットの具材にはえびのほか、お鍋用のベーコン、マッシュルームなどを残しておくとチーズとベストマッチ!
  2. お好みでチーズをプラスする場合、クリームチーズなどの溶けにくいチーズはご飯を入れる前に入れてね。粉チーズなどでもとてもおいしいよ。
  3. こしょうを少ししっかりめにふり、ピリッとアクセントを効かせるのがポイントだよ。
Page Top