うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

鍋奉行様の 〆まで楽しめ!鍋奉行様の 〆まで楽しめ!

お鍋の〆、ごはん派?うどん派?お鍋の〆、ごはん派?うどん派?

今月の鍋奉行様のおススメ鍋!

  • 今月の鍋奉行様のおススメ鍋!「人気定番鍋」
  • 今月の鍋奉行様のおススメ鍋!「アレンジ鍋」
  • 今月の鍋奉行様のおススメ鍋!「トレンド鍋」
  • 今月の鍋奉行様のおススメ鍋!「ひとり鍋」

人気定番鍋

  • 鶏の水炊き

    鶏の水炊き

    鶏の旨みたっぷりのスープを贅沢に味わうのじゃ。

  • きりたんぽ鍋

    きりたんぽ鍋

    パックごはんで作る手作り“きりたんぽ”がポイントじゃ。

  • キムチ鍋

    キムチ鍋

    キムチと豚を炒めて煮こんだスープが絶妙。コクと旨みを楽しめ。

  • ちゃんこ鍋(醤油ちゃんこ)

    ちゃんこ鍋
    (醤油ちゃんこ)

    ポイントはふっくらとした肉団子。あっさりスープで堪能せよ。

  • 関東風すき焼き

    関東風すき焼き

    すき焼きは「関東風」「関西風」の味があることを知っているか?

  • たらちり鍋

    たらちり鍋

    たらちり鍋の「ちり」って知っておるか。

  • しゃぶしゃぶ鍋

    しゃぶしゃぶ鍋

    しゃぶしゃぶ鍋のこの形に工夫があるのじゃ。

  • はりはり鍋

    はりはり鍋

    脂身の多い豚肉×たっぷりのシャキシャキ水菜の相性がたまらん。

  • 寄せ鍋

    寄せ鍋

    えび、あさりなどの海鮮と鶏の旨みであっさりコクのある味わいに。

  • 常夜鍋

    常夜鍋

    毎日食べても飽きないシンプル鍋。にんにくを入れた出汁が決め手じゃ。

アレンジ鍋

  • スンドゥブ(純豆腐)鍋

    スンドゥブ
    (純豆腐)鍋

    辛みと旨みのきいたコクのある味わい深いスープがうまい!

  • ちゃんぽん鍋

    ちゃんぽん鍋

    豚とえびの旨みがつまったスープ。野菜がたっぷり食べられるぞ。

  • ヘルシーもやししょうが鍋

    ヘルシーもやし
    しょうが鍋

    しょうががたっぷり入った鍋でシャキシャキもやしを楽しめ。

  • 鶏の塩麹鍋

    鶏の塩麹鍋

    塩麹のまろやかな旨みが素材のおいしさを引き立てるぞ。

  • 和風トマト鍋

    和風トマト鍋

    かつおだし×トマトの旨みがおいしい和風のトマト鍋じゃ。

  • 豚と白菜のしょうが鍋

    豚と白菜の
    しょうが鍋

    豚肉の旨みがしみこんだ白菜がグッド。しょうがでからだもポカポカするぞ。

  • カレー鍋

    カレー鍋

    いつものカレーとは違う具材も楽しめるのがカレー鍋の魅力!

  • キムチーズ鍋

    キムチーズ鍋

    キムチとチーズ、トマトの組み合わせが絶妙のおいしさでござる。

  • 麻婆鍋

    麻婆鍋

    とろみのあるスープがうまい鍋。挽肉の炒め方がポイントじゃ。

  • ねぎま鍋

    ねぎま鍋

    ねぎとまぐろだけのシンプルな組み合わせの鍋。江戸の味をお試しあれ。

  • トムヤム鍋

    トムヤム鍋

    辛みと酸味のきいたトムヤムクンスープでエスニック鍋を楽しめ。

トレンド鍋

  • チーズ鍋

    チーズ鍋

    コクのあるスープをコトコト煮込んで楽しめ!アレンジもいろいろできるぞ。

  • 大根おろしアート鍋

    大根おろしアート鍋

    大根おろしアートで鍋をもっと楽しめ!アレンジもいろいろじゃぞ。

  • スタンディングねぎ鍋

    スタンディングねぎ鍋

    食材はとてもシンプル!!ねぎのおいしさが楽しめる鍋じゃ。

  • ごま豆乳鍋

    ごま豆乳鍋

    豆乳鍋は沸点が低いので、こまめにかき混ぜることが大切でござる。

  • パクチー鍋

    パクチー鍋

    パクチー好きにはたまらない鍋。デトックス効果抜群なのじゃ。

  • 美肌鍋(塩麹&レモン)

    美肌鍋
    (塩麹&レモン)

    鶏肉のコラーゲンとビタミンCで美肌を目指せ。

  • ミルフィーユ鍋

    ミルフィーユ鍋

    もはや定番の豚バラ×キャベツの鍋を、にんにく塩バター風味で楽しめ

  • 怪味鍋

    怪味鍋

    複雑怪味、一度食べればはまる怪味ソース鍋。鶏肉との相性グッド。

  • 担々鍋

    担々鍋

    濃厚なスープとほどよい辛さのコクうま鍋。からだが温まるぞ。

  • 鶏白湯風うどん鍋

    鶏白湯風うどん鍋

    鶏手羽元と鶏ももを使って作った白湯風スープがうまいぞ。

こなべさんのひとり鍋こなべさんのひとり鍋

おいしい鍋づくり虎の巻おいしい鍋づくり虎の巻

其の壱

野菜は火が通りにくいものから先に入れるべし

ゴボウや里芋、ニンジンなどの根菜類は、食べごろのやわらかさになるまでに時間がかかるので先に鍋へ。次に、白菜のくきの部分やシイタケなど。白菜の葉、春菊などは後に。

其の弐

アク取りはおいしい鍋の生命線

おいしい鍋を味わうためには、こまめなアク取りが不可欠なり。しかし、あまりにも丁寧に取り過ぎると、せっかくの「旨み」まで取ることになるので、気を使いつつほどほどにな。

其の参

火加減の調整は、最後までこまめに

例えば、途中で大量の野菜を追加すると、スープの温度がぐっと下がる。
火を強めに調整し、沸いたら中火、さらに弱火へ。
怠けずに火加減を調整することが、最後までおいしい鍋を保つ秘訣なり。

其の四

名脇役のネギに、ひと手間加えて

鍋料理に欠かせないネギ。鍋に入れる前に、焼き網などで軽く焼き目を付けておくと、香ばしい香りが楽しめる。あっさりした味付けの鍋の際に、試してみるがよい。

其の伍

魚の煮くずれを防ぐワザ

切り身魚や煮くずれしやすい魚を具材に使う際には、あらかじめサッと湯に通して冷水で冷まし、水気を切っておくとよい。
臭みもなくなり、煮くずれしにくくなる。

其の六

レンジでチン!して、もしくは冷凍のまま、お鍋の中へ

先にレンジで解凍・加熱しておけば、鍋に入れて直ぐに食することが出来るぞ。
または、手間をかけず冷凍のまま鍋に入れてひと煮立ち。
しばし待たれよ。

具材から出たさまざまなエキスをたっぷり含んだスープは栄養満点だよ。健康や美容のためにも、残さずおいしく食べたいっ!だから、鍋には「シメ」があるんだ。シメにはうどんがよく使われるけど、それにはちゃ~んと理由がある。うどんには、消化酵素の働きを助けるグルテンという成分がたくさん含まれていて、シメにうどんを食べることで、他の具材の消化まで助けてくれるんだ!
最後のシメまで楽しんでこそ、本当の鍋料理なんだなぁ~。

  • さぬきうどん5食
  • 丹念仕込み 本場さぬきうどん 3食
  • たきたてご飯 国産こしひかり 3食
  • 戦国武将うどん合戦 うどん丸の野望
  • 二十四節気うどんメニュー 霜降
  • 壁ドンよりも朝うどん
  • 二十四節気ごはんメニュー 霜降

ページトップへ戻る

Page Top