うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

うどん風雲録 第三番 熊本城

夏のトマト対決

夏のトマト対決

vs

凍りトマトの冷製スープうどん

凍りトマトの冷製スープうどん

熊本城主・加藤清正だ。凍らせたトマトを入れたうどんで暑さには負けん!

レシピを見る

加藤清正

vs

ツナとトマトの和えうどん

ツナとトマトの和えうどん

しからばこちらもトマトで勝負!
ツナとの相性が絶妙なうどんで出撃だ。

レシピを見る

うどん之助

加藤清正

うどん之助

今月の日本の名城コラムColumn

History 01 実戦を想定して造られた難攻不落の城 熊本城

大坂城

熊本城ってどんな城?

日本三名城のひとつといわれる熊本城は、加藤清正が実戦の経験を生かし慶長6年(1601年)から約7年もの歳月をかけて築いた城です。大小の天守閣をはじめ、49の櫓(やぐら)、18の櫓門、29の城門があり、その広さは約98ha(東京ドーム21個分)、周囲約5.3kmにも及ぶ巨大なものでした。
大天守は、外観は3層・内部は地上6階地下1階でどっしりした印象を与えます。小天守は、外観は2層・内部は地上4階地下1階、地下には井戸があり天守での籠城も可能な構造になっています。
1632年(寛永 9年)細川氏が入国し、熊本城は細川氏11代の居城として明治の世まで築城当時の姿をとどめていました。しかし、明治10年(1877年)、西南戦争の際の原因不明の火事で天守閣や本丸御殿など主要な建物は焼失してしまいます。
現在の天守閣は昭和35年(1960年)に市民の浄財を基に再建され、焼失前の姿に忠実に外観復元されました。また、焼失を免れた宇土櫓など13棟の建造物が国の重要文化財に指定されています。
平成28年(2016年)に発生した熊本地震により、熊本城は大きな被害を受け、現在多くの部分に立ち入ることができませんが、2019年秋には工事用の足場が外され、天守閣を下から見上げることができるようになります。2020年春には立入規制区域内に観覧が可能となる「特別見学通路」が完成、2021年春に天守閣が完全復旧し、外観公開と天守閣内部の展示公開が予定されています。
※2019年7月公開時点の情報です。

この城にまつわる人物:加藤清正

永禄5年(1562年)6月24日 尾張国に生まれた加藤清正は、9歳の頃から豊臣秀吉に仕え、数々の武功を立てました。秀吉が九州を平定すると翌年の天正16年(1588年)、清正は肥後の北半分の領主に任命され、関ヶ原の戦い後は肥後藩の藩主となります。清正は熊本城を築城しただけでなく、河川の改修や新田開発などを行いました。その結果、国がどんどん豊かになり、領民からは神様のように慕われるようになりました。熊本では今でも清正が行った善政は「せいしょこさんのさしたこつ(清正公のなさったこと)」と称えられています。

History 02 武者返し・昭君之間

武者返し武者返し

加藤清正

History 02 武者返し・昭君之間

熊本城の特徴はなんと言っても優美にして堅牢な石垣です。下部はゆるやかな傾斜ですが、上部に向かうほど垂直に近い急な角度になっていて、城へ侵入しようとした敵の武者が引き返してしまうような造りになっていることから、通称「武者返し」と呼ばれています。この石垣は、清正が近江国から連れてきた石工集団が造ったといわれています。
天守閣の南東側に位置するのが本丸御殿です。西南戦争で焼失してしまいましたが、平成20年(2008年)古写真や古文書、発掘調査の出土品をもとに築城当時の絢爛豪華な様相が復元されました。華やかな大名文化の雰囲気が漂う本丸御殿大広間には、格式の最も高い「昭君之間(しょうくんのま)」があり、ここには中国の漢の時代の絶世の美女、王昭君の物語が描かれています。この「昭君之間」ですが、実は「将軍の間」の隠語であるという説もあります。加藤清正は、豊臣家に万が一のことがあった場合、秀吉の遺児である秀頼を迎え入れ、徳川家に対抗するつもりだったとも言われているのです。

昭君之間昭君之間

今月の対戦レシピRecipe 内村選手が選ぶ 大阪こナモン対決

凍りトマトの
冷製スープうどん

加藤清正

熊本県はトマトの生産量日本一!
凍らせたシャリシャリのトマトが入った
冷たいうどんじゃ。

凍りトマトの冷製スープうどん

熊本県では昭和初期からトマトの栽培が始まり、ビニールハウスの普及とともに作付面積が増えていきました。今では一年を通し収穫され、生産量は日本一。多くの品種が栽培されています。
今回ご紹介するのは、ひんやりしたトマトスープで楽しむスープパスタ風うどん。凍らせたトマトの冷たさとシャリシャリ食感が楽しいレシピです。つるつるなめらかな細めのうどんでいただくのがおすすめです。

レシピを見る

ツナとトマトの
和えうどん

うどん之助

熊本のトマト、拙者も贔屓にしているぞ。
トマトにツナ缶を合わせた
旨みたっぷりのうどんで勝負だ!

ツナとトマトの和えうどん

同じくトマトを使ったパスタ風うどんは、レンジだけでパパッと作れるのに、とってもおしゃれ。にんにく、オリーブ油、しょうゆでつくったタレとうどん、ツナ、トマトを和えるだけ。大葉とにんにくの香りが食欲をそそり、ツナとトマトの旨みがさぬきうどんのおいしさを引き立ててくれます。

レシピを見る

戻る
close close
Page Top