うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

うどん風雲録第二番大坂城

内村航平選手

大阪コナモン対決

大阪コナモン対決

vs

たこ焼うどん

たこ焼うどん

ワシが豊臣秀吉じゃ。大阪グルメ
たこ焼をのせたうどんはいかがかな?

レシピを見る

豊臣秀吉

vs

お好み焼うどん

お好み焼うどん

大阪名物ならばこちらも負けて
おれん。お好み焼うどんで勝負!

レシピを見る

うどん之助

豊臣秀吉

うどん之助

今月の日本の名城コラムColumn

History01 戦国時代 終焉の舞台 大坂原城

大坂城

大坂城ってどんな城?

言わずと知れた大阪のシンボルである「大坂城」。大坂城の歴史は、戦国時代に浄土真宗の蓮如(れんにょ)が大坂御坊を建てたことに始まります。この大坂御坊が石山本願寺となり強大な力を持つと、堀・塀・土塁などで武装を固め、城砦として強化されました。しかし、天正8年(1580年)天下統一を目論む織田信長に屈し寺院は焼失してしまいます。
織田信長の死後、石山本願寺の跡地を手に入れた豊臣秀吉は、天下統一の拠点として権威と権力を象徴する難攻不落の大坂城を築きました。
しかし秀吉没後、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康が政権を握り、秀吉の遺児・秀頼の居城であった大坂城は慶長20年(1615年)の大坂夏の陣により落城してしまいます。
江戸時代に入り徳川氏は、10年の歳月と幕府の威信をかけて大坂城を再建しました。大規模な盛土と石垣の積み上げ、堀の掘り下げが行われ、天守閣は豊臣時代のものより約15mも高くなったといわれています。
この天守閣も寛文5年(1665年)の落雷によって竣工後わずか39年目で焼失、以後天守閣は昭和まで再建されませんでした。その他の建物も一部を残して明治維新(1886年)の動乱で焼失してしまいます。
昭和6年(1931年)、市民の熱意によって現在の天守閣が復興されました。「大坂夏の陣図屏風」や全国の桃山時代の天守を調査、少ない資料を元に苦労しながらも豊臣時代の天守閣を目指しました。また、当時の最先端技術である鉄骨鉄筋コンクリートを使用した復興天守閣の第1号でもあります。太平洋戦争の空襲により被害を受けましたが、戦後、櫓・蔵などを修復し、平成9年(1997年)に行われた「平成の大改修」により今日の姿となり、天守閣は国の登録有形文化財に登録されています。

この城にまつわる人物:豊臣秀吉

豊臣秀吉は天文23年(1554年)頃から織田信長に仕え、次第に頭角をあらわします。天正10年(1582年)に信長が明智光秀に討たれると、秀吉は山崎の戦いで光秀を破り、信長の後継者としての地位を確立します。関白・太政大臣に任じられた後、全国の大名を臣下に置き、天下統一を果たしました。その拠点となったのが大坂城です。

History02 豊臣時代の大坂城

豊臣秀吉像

豊臣秀吉像

豊臣秀吉


History02 豊臣時代の大坂城

豊臣秀吉が天下統一の拠点として築城した難攻不落の城「大坂城」。本丸の築造に約1年半を費やし、その後も秀吉が存命した15年の全期間をかけて、徐々に拡大していきました。織田信長の後継者を自認する秀吉は、信長の安土城をモデルとしながらも、全ての面でそれを超えようとしていたのです。二重三重の複雑な石垣が立体的に築かれ、天守閣は外観5層、瓦などに黄金をふんだんに用い、莫大な財力を誇示しました。また、秀吉は自ら多くの来客を案内し、金銀で装飾された奥御殿の中や、天守閣の各階に納められた宝などを見せ、人々を驚かせたといいます。
昭和34年(1959年)の「大坂城総合学術調査」とその後の研究・調査によって、現在の本丸の地下に豊臣時代の石垣が埋もれていることが分かりました。大坂夏の陣で豊臣氏が敗れた後、徳川幕府により豊臣氏の大坂城の上に盛り土をして再建した大坂城とは堀の形状や天守の位置も全く異なります。豊臣時代の大坂城は現在も地下深くに眠り続けているのです。

今月の対戦レシピRecipe 内村選手が選ぶ 大阪こナモン対決

たこ焼うどん

豊臣秀吉

大粒のたこ焼をトッピングしたうどんじゃ!
たこ焼のうまさを二度楽しめる、
このアイデアはいかがかな?

たこ焼うどん

大阪のソウルフードのひとつ「たこ焼」。たっぷりのソースにお好みでマヨネーズを付けて食べるのが定番ですが、本場・大阪ではしょうゆ、しょうゆマヨ、ポン酢しょうゆなど、いろいろな味で食べられています。
さぬきうどんにたこ焼を合わせてみたら、めんつゆとの相性もピッタリ。たこ焼はカリッふわっとした食感のまま食べた後、つゆに浸して明石焼のように食べると二度楽しめます。

レシピを見る

お好み焼うどん

うどん之助

大阪ならではのうどん・・・敵ながらあっぱれ。
しからば、こちらはお好み焼風に
アレンジしたうどんで勝負!

お好み焼うどん

たこ焼と並ぶ大阪名物「お好み焼」。今回はさぬきうどんをキャベツがたっぷり入ったお好み焼風味の焼きうどんにアレンジしました。さぬきうどんのモチモチとした食感がお好みソースとベストマッチ。豚肉もチーズも入って、ボリューム満点です。目玉焼きの黄身をからめながら召し上がってみてください。

レシピを見る

戻る
close close
Page Top