うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

【杉並区】手打ちうどん 弓

【杉並区】手打ちうどん 弓

※2018年10月に移転

グリーンカレーつけうどん(麺冷)

グリーンカレーつけうどん(麺冷)

グリーンカレーつけうどん
(麺冷)

野菜の甘みと和の調味料が生む
やさしいエスニックテイスト
チーズがとろけて、さらにコクがアップ!

ゆばたまうどん(湯葉玉子とじうどん)

ゆばたまうどん(湯葉玉子とじうどん)

ゆばたまうどん
(湯葉玉子とじうどん)

山梨から取り寄せる
上質な生湯葉をふんだんに!
器いっぱいに玉子と湯葉の花が咲く

きざみ揚げうどん

きざみ揚げうどん

きざみ揚げうどん

つゆをたっぷり含んだお揚げがたっぷり!
鮮やかな九条ネギもたっぷり!
とろろ昆布がさらなる旨みをプラスする

ぶたしゃぶみぞれうどん(温)

ぶたしゃぶみぞれうどん(温)

ぶたしゃぶみぞれうどん(温)

注文を受けてから
いりこの香るつゆでゆで上げる豚しゃぶ
新鮮な豚の肉汁も相まって
奥深い旨みが広がる

荻窪駅から続く商店街。『手打ちうどん 弓』は、女性一人でも入りやすい店構えで、ゆっくり食事を楽しめる造りとなっている。店主・池田章さんが趣味でうどんを打ち始めたのは、約8年前のこと。外食において手づくりの味が減りつつあるなか、「おいしいものから生まれる笑顔が見たい」と、2013年にこのうどん店を開いた。父・章さんがうどんを打ち、息子さんが汁と料理を、テーブルコーディネーターの資格を持つ奥様が接客を担当している。うどんは何種もの粉を打ち比べて選んだ、ブレンド粉を使用。絹のようになめらかな舌ざわりと、もちもちとした食感、ふくよかな味わいが身上だ。汁は、香川県伊吹島産のいりこと羅臼昆布をたっぷり使い、国産のしいたけ、鯖節、宗田節、うるめいわしをバランスよく配分した出汁を花がつおで仕上げ、まあるい旨みを醸している。聞けば、一日600匹も使ういりこは、なんと頭とはらわたを手作業で取り除いているという。その地道な手間をかけることで、臭みのない、澄んだ柔らかい出汁が生まれるのだ。丹念につくる麺と汁。お酒のお供に……ではなく、「純粋にうどんを楽しんでほしい」という思いから、営業はお昼のみ。食べ逃しなく!

荻窪駅から続く商店街。
『手打ちうどん 弓』は、女性一人でも入りやすい店構えで、ゆっくり食事を楽しめる造りとなっている。
店主・池田章さんが趣味でうどんを打ち始めたのは、約8年前のこと。外食において手づくりの味が減りつつあるなか、「おいしいものから生まれる笑顔が見たい」と、2013年にこのうどん店を開いた。
父・章さんがうどんを打ち、息子さんが汁と料理を、テーブルコーディネーターの資格を持つ奥様が接客を担当している。

うどんは何種もの粉を打ち比べて選んだ、ブレンド粉を使用。絹のようになめらかな舌ざわりと、もちもちとした食感、ふくよかな味わいが身上だ。
汁は、香川県伊吹島産のいりこと羅臼昆布をたっぷり使い、国産のしいたけ、鯖節、宗田節、うるめいわしをバランスよく配分した出汁を花がつおで仕上げ、まあるい旨みを醸している。
聞けば、一日600匹も使ういりこは、なんと頭とはらわたを手作業で取り除いているという。その地道な手間をかけることで、臭みのない、澄んだ柔らかい出汁が生まれるのだ。

丹念につくる麺と汁。お酒のお供に……ではなく、「純粋にうどんを楽しんでほしい」という思いから、営業はお昼のみ。食べ逃しなく!

【杉並区】手打ちうどん 弓 手打ちうどん 弓
※2018年10月に練馬区関町に移転
※掲載内容は2017年5月のものです

価格
グリーンカレーつけうどん(麺冷) 920円
ゆばたまうどん(湯葉玉子とじうどん) 970円
きざみ揚げうどん 920円
ぶたしゃぶみぞれうどん(温) 970円
ごちそうさまでした
画面トップぺ
Page Top