うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

「新米の季節」

初ものと聞くと、思わず飛びつきたくなりませんか?秋はおいしい旬の食材が多い季節。特に日本人の主食であるお米はこの時期、格別おいしく感じられます。口に含みいつもよりゆっくり噛んで味わう新米は、ひと味もふた味も違うおいしさ。食が進まない暑い夏が過ぎ、からだがこのおいしさを求めているのかもしれません。
新米は水分量が多く、粒が壊れやすいので、いつもよりやさしく研ぎ、水は少なめで炊きましょう。お気に入りのお茶碗にふっくらよそって、ぴかぴかに輝く新米を味わってみませんか?

お月見は2回ある?十三夜は栗名月

十五夜は誰もがご存じと思いますが、旧暦の9月13日に行うお月見のことを「十三夜」といいます。十五夜が里芋などの芋類をお供えすることから「芋名月」と呼ばれるのに対し、旬の栗や豆などをお供えするので、「栗名月」「豆名月」とも呼ばれます。十五夜と十三夜、両方を同じように大切にするのが昔からの習わし。片方だけのお月見は「片見月」といい、縁起が悪いといわれています。まん丸ではない、少し欠けた月を愛でるのも趣があるものです。今年、2015年の十三夜は10月25日です。

うどんレシピ

旬の食材 【きのこ】

「香り松茸、味しめじ」という言葉があります。たくさんあるきのこの中でいちばん香りがよいのが松茸、味がよいのがしめじという意味するですが、この「しめじ」はスーパーなどで見かける「ぶなしめじ」ではなく、「ほんしめじ」のこと。ほんしめじは、ぶなしめじより大きく、旨みが強いのが特徴です。きのこは食物繊維が豊富で低カロリー。旨みの素、グアニル酸が多く含まれています。きのこは水分が苦手。保存するときは洗わずにビニール袋に入れます。また、冷凍保存もおすすめ。冷凍すると旨み成分が増えるといわれています。

えのき豚の焼きポンうどん

シャキシャキ食感のえのき茸と豚バラ肉のうまみがおいしい焼きうどん。
ポン酢醤油でさっぱりといただきます。

レシピはこちら


Page Top