トップページ  > 簡単レシピ  > うどんレシピ  > ふわ玉鍋焼きうどん

うどんレシピ

ふわ玉鍋焼きうどん

印刷する

卵と具材のとろとろがうれしい、鍋焼きうどん

調理時間 : 約7~8

ポイント

とろみをつけた鍋焼きうどんは、卵も白菜も揚げ玉もとろとろ。冷めにくいので寒い冬にもってこい。とっても温まります。

やさしい味わいは夜食にぴったりです。卵をふわっと仕上げるポイントは、水溶き片栗粉でとろみをつけてから溶き卵を入れることと、入れたら混ぜ過ぎないこと。溶き卵をまわし入れたら、少し待ちます。卵に火が入り始めたら、底から大きくすくうように数回混ぜればOK。加熱しすぎないようにしてください。「丹念仕込み 本場さぬきうどん」は、冷凍のまま入れ煮込むと、味がしみこみおいしく仕上がります。

材料(1人分)

  • 冷凍「丹念仕込み 本場さぬきうどん」1玉
  • 白菜(ざく切り)1枚(100g)
  • 豆腐(一口大)1/4丁
  • しめじ(小房に分ける)1/2パック(50g)
  • 卵(溶いておく)1個
  • かにかま(手で裂く)2本(約10g)
  • 揚げ玉大さじ1
  • 青ねぎ(小口切り)適量
  • 片栗粉(同量の水で溶いておく)小さじ2
  • 【A】
  • 鶏がらスープの素小さじ2
  • 中華ブイヨン小さじ1
  • 塩・こしょう各少々
  • 大さじ1
  • 500cc

作り方

  • 1.鍋に【A】を合わせる
  • 2.凍ったままのうどん、白菜、豆腐、しめじを入れて煮る。温まってきたらうどんをほぐしながら加熱する
  • 3.火が通ったら、一度火を止め水溶き片栗粉を加える。再度火にかけ、とろみがつくまで軽く混ぜながら約1分加熱する
  • 4.溶き卵を加えて軽く火を通し、器に盛り付ける。かにかま、揚げ玉、青ねぎをちらして召し上がれ

テーブルマークおすすめのレシピ

特設サイト

PAGETOP