トップページ  > 簡単レシピ  > うどんレシピ  > 広島つけ麺風うどん

うどんレシピ

広島つけ麺風うどん

印刷する

辛いつけ汁に冷たい麺を具材といっしょにつけて食べる、広島風つけ麺。
つるつるとのどごしのよい「稲庭風うどん」でどうぞ。

調理時間 : 約5

(但し、冷やす時間は除く)

ポイント

広島風つけ麺はキャベツなどの茹で野菜やゆで卵、焼豚などの具材を麺にたっぷりのせ、唐辛子、ラー油、酢、ごまなどが入ったピリ辛のしょうゆだれにつけて食べるご当地麺。 麺もつゆも冷やして食べる、夏にぴったりのつけ麺です!今回はタレのからみがよく、つるりとした食感がくせになる「稲庭風うどん」で再現しました。レモンを多めに絞って、さっぱりとしたピリ辛ダレで食べるのがおすすめ。 一味唐辛子で好みの辛さに調節して召し上がってください。

材料(1人分)

  • 冷凍「稲庭風うどん」1玉
  • 焼豚(市販:薄切り)2~3枚
  • キャベツの葉(ひと口大)1枚(約50g)
  • ゆで卵1/2個
  • きゅうり(せん切り)1/4本
  • 長ねぎ(せん切り)5cm
  • レモン(くし切り)適量
  • レモン汁小さじ1~2
  • 【A】
  • めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2
  • 大さじ1
  • 中華スープの素小さじ1
  • 砂糖小さじ2
  • ごま油小さじ2
  • ラー油小さじ1
  • すりごま大さじ1
  • コチュジャン(あれば)少々
  • 一味唐辛子好みで適量
  • 60㏄

下準備

・冷凍「稲庭風うどん」をレンジ加熱し、冷水でしめて水気をよく切る。

作り方

  • 1.耐熱ボウルに【A】を合わせ、ラップをしてレンジ600Wで約1分加熱し、レモン汁を加えて冷ます。あら熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。(小鍋に入れて砂糖がとけるまで加熱してもよい)
  • 2.キャベツの葉はゆでるか、ラップに包んでレンジ600Wで約1分加熱して冷ましておく。
  • 3.皿に「稲庭風うどん」を盛りつけ、具材をのせる。
  • 4.冷した(1)にお好みでレモンを絞り入れ、うどんと具材をつけて召し上がれ。

テーブルマークおすすめのレシピ

特設サイト

PAGETOP