トップページ  > 簡単レシピ  > うどんレシピ  > 冷やしカレーうどん

うどんレシピ

冷やしカレーうどん

印刷する

いつでも食べたいカレーうどん。
夏には冷やしてひんやり食べるのもおすすめです。
ゴーヤを入れて夏らしくどうぞ。

調理時間 : 約10

(ゴーヤの下準備およびカレーを冷やす時間は除く)

冷やしカレーうどん

ポイント

食欲がないときでも「カレーなら!」という方もいるのでは!?
カレーに含まれる香辛料は食欲増進の効果があり、身体を中から温めてくれるので夏バテで食欲がない時にはもってこいのメニュー。
熱々のカレーうどんはもちろんですが、冷やしカレーうどんはいかがでしょう!
今回は簡単に作れるようレトルトを使用しますので、ゴーヤでビタミンCをプラス。

ただ、どうしてもカレーを冷やすと脂分が固まってザラザラとした舌触りになってしまいます。
冷やしたスープ上に浮いて固まった脂分を丁寧に取り除くとヘルシーで口当たりのよいカレーになりますので、ぜひひと手間を。

ゴーヤの苦みを和らげるには、下記の下準備をしてください。
また、加熱により苦みは和らぎます。苦いのが苦手な方は炒める時間を長くしてください。

<ゴーヤの下準備>
①ゴーヤは縦半分に切り、スプーンなどで種とワタをとりのぞいて薄切りする。
②塩(ひとつまみ)をよくもみこみ、しばらく水にさらしておく。
③苦みが少しやわらいだら水洗いして水気を切っておく。

材料(1人分)

  • 冷凍「さぬきうどん」1玉
  • ゴーヤ(薄切り)1/4本
  • ゆで卵1/2個
  • 長ネギ(小口切り)適量
  • 【A】
  • レトルトカレー1人前(約200g)
  • めんつゆ(3倍濃縮)50cc
  • 100cc

下準備

・ゴーヤは塩を入れた熱湯で1~2分ゆでて、冷ましておく。
・鍋に【A】を合わせてひと煮立ちさせる。
→あら熱がとれたら、冷蔵庫で冷やしておく。

作り方

  • 1.食べる直前にさぬきうどんをレンジ加熱し、冷水で洗って水気を切る。
  • 2.器にうどんを盛り付け、冷やしておいた【A】をかけ、ゴーヤ、ネギ、ゆで卵をのせて召し上がれ。

テーブルマークおすすめのレシピ

特設サイト

PAGETOP