トップページ  > 簡単レシピ  > お弁当用おかず  > 塩から揚げ丼弁当

お弁当用おかずレシピ

塩から揚げ丼弁当

印刷する

ご飯と相性抜群のジューシーな塩から揚げをどんぶりに。
バターで炒めた野菜とレモンがおいしさを引き立たせます。

調理時間 : 約10

(から揚げ丼のみ:約5分)

ポイント

さっぱりした中に奥深い味わいのジューシーな塩から揚げは、ぜひごはんと合わせてどんぶりに。レモンを軽く絞るとよりさっぱりとして、おすすめです。
バター炒めした野菜と混ぜていただくと「から揚げの塩ピラフ」感覚、スタッフドエッグをくずせば、「即席タルタル添え風」と、少しずつ違った味わいのどんぶりが楽しめます。
ミニトマチーズは中身の種を取り除いたら、網の上などにふせてよく水気を切ってください。
クリームチーズは調理しやすいソフトタイプがおすすめです。

 

材料(1人分)

  • 【塩から揚げ丼】-
  • 「国産若鶏の塩から揚げ」3~4個
  • レモン(薄切り)少々
  • ごはん適量
  • アスパラガス(斜め薄切り)2本
  • スイートコーン大さじ2:約25g
  • バター10g
  • 【スタッフドエッグ】-
  • ゆで卵1/2個分
  • マヨネーズ小さじ1/2
  • 塩・こしょう少々
  • パセリ(みじん切り)少々
  • 【ミニトマチーズ】(2個分)
  • ミニトマト2個
  • クリームチーズ適量
  • イタリアンパセリの葉2枚

作り方

  • 1. 【塩から揚げ丼】
    ①フライパンにバターを熱し、アスパラガス、スイートコーンを順に加え炒める
    ②塩・こしょうで調味し、弁当箱に詰めたごはんの上にのせる(or 混ぜる)
    ③レンジ加熱した「国産若鶏の塩から揚げ」ものせ、レモンを添える
  • 2.【スタッフドエッグ】
    ①半分に切ったゆで卵の黄身を取り出し、マヨネーズ、塩・こしょうを混ぜ合わせる
    ②白身のカップに戻し、パセリをちらす
  • 3.【ミニトマチーズ】
    ①ミニトマトはヘタをとってよく洗い、上部をカットして中の種を取り除く。
    ヘタのついていた部分に楊枝で穴をあけイタリアンパセリの葉を刺す
    ②トマトのカップにクリームチーズを詰め、フタをする

特設サイト

PAGETOP