MENU
  • MyPage
  • Entry
Work & Person
仕事と人を知る

先輩社員紹介

事務系総合職
北陸支店業務用販売課:E.K
北陸支店業務用販売課:E.K

あらゆる情報を把握し、
提案する。

北陸支店 業務用販売課

E.K

2013年入社

※所属・組織名は取材当時のものです

地域特有の幅広いチャネルに対応。

北陸新幹線の開業に伴い、観光客で賑わう金沢。北陸支店に所属する彼は、金沢を中心に石川県全体の業務用商品の営業を担当している。

「やはり東京と地方とでは、仕事の進め方も範囲も環境も違いますね」と彼は言う。

北陸支店の前には、首都圏で業務用商品の営業をしていた彼。東京は販売チャネルごとに課が分かれており、彼は外食チェーンへの営業を中心に担当していた。しかし、現在は外食だけでなく、ホテル、給食、スーパーの惣菜など、あらゆる販売チャネルを幅広く担当する。どんな人が食べるのか、どのくらいの売価で提案するか、どんな調理法が可能かなど、細かな情報を把握し、数多くの商品の中から最適なものを提案しなければ商品は売れない。

また、金沢特有の商機もある。新幹線の開業により観光客が増えてきているホテルなどでは、朝食ビュッフェで提供する焼成冷凍パンが人気だ。

「自然解凍するだけで提供・喫食できる便利さ、種類の豊富さ、そして何と言ってもおいしさなど、テーブルマークの優位性を理解していただくことで販売数を増やし、信頼をいただいています。」

チーム全体でノウハウを共有。

盛り付けだけでなく、どのくらいのコストと手間がかかるのかまで具体的に示し、商品の採用につなげる。また、チームワークも商談を左右する大事な要素だ。

「以前、メニュー提案がどうしても決まらず悩んでいたとき、上司から適切なアドバイスをもらって。それを基に自分なりに考え、再度提案したところ、商品が採用になりました。様々な場面でノウハウを示してくれるので、上司との会話はとても参考になるんです。」

時には、東京の本部から送られてくる、全国の営業スタッフの成功事例が参考になることもある。

「一人で商談に臨むのではなく、上司や先輩のアドバイス、本部からの情報がとても大きな支えになっています。」

目指すのは、引き出しの広さと頼りがいある存在。

もともと、仕事とプライベートは別物と考え、平日と休日では頭を切り替えるようにしていた彼。しかし営業現場では、時にはプライベートな話をきっかけに営業先の担当者との距離が縮まり、結果として商談にプラス作用となることもあると言う。

「営業経験を積むにつれ、お客様との会話のネタや提案の切り口となるひらめきは、日常生活にも転がっているのだと思うようになりました。今は、自分の生活を楽しむことも含めて仕事の糧にしていければと、考え方が少し変わりました。」

北陸支店に来て二年。変化の中で刺激を受け、視野も広がった。現在、彼は後輩のサポートをする役割を担っている。

「もちろん上司からも頼られる存在になりたいですが、これまで上司にサポートしてもらった分、次は自分が後輩をサポートし頼られる存在になりたいと感じています。営業である以上、常に数字が求められますが、数字を残すからこそ後輩への説得力も深まると思っています。」

ある一日のスケジュール

7:00
起床
9:00
出社
メールチェック
10:00
ミーティング・事務処理
12:00
昼食
13:00
得意先との商談
15:00
卸売業者との商談
17:00
帰社
メールチェック・事務処理
18:00
退社
新卒者へのメッセージ

内定をもらってから、先輩社員と話す機会が何度もありました。とても自分のことを考えてくれる会社だと思ったことがテーブルマークを選んだ理由です。入社してからも上司と話やすい環境があり、それが今の業務にも良い影響を与えていると思います。