うどん・パン・お好み焼【テーブルマーク】

一番大切な人に食べてもらいたい

愛情込めてきちんと、ていねいに、大切に作る。
一番大切な人の笑顔が見たいから。
だからいっしょに食べよう。
見ると少し気持がほっこりする、2つの物語。


【冷凍さぬきうどん編】:2分54秒

【パックごはん編】:3分33秒

「いちばん大切な人に食べてもらいたい」そんな思いを胸に、昨年発売40周年を迎えた冷凍「さぬきうどん」と今年発売20周年の「パックごはん」。どちらも長きにわたって皆様に愛され続けて、今や家庭になくてはならない存在になりました。そんな愛すべき「うどん」と「ご飯」が、家族にもたらす幸福感を<ショートムービー>という映像作品を通じて皆様の心にお届けします。

今回、ショートムービーを制作するにあたり、テーブルマークのコンセプトに共感したのが、女性映画監督として『モンスター(2013年公開)』『でーれーガールズ(2015年公開)』等でメガホンを握った大九明子監督。主演は元宝塚歌劇団 星組・雪組トップ娘役の白羽ゆりさんと、さまざまな方面に活動の幅を広げその才能が光る吉田ウーロン太さん。「見るとちょっと気持ちがほっこりする。」そんな時間をお過ごしいただければと思います。

ここには、おいしいうどんがある。うどんでつながる家族の小さな物語。

白羽ゆり主演

とある家庭のお昼時。手際よくうどんを作る母。
そばでそれを見つめる妹。
そこに兄がサッカーの試合から帰ってきます。
しょんぼりした様子を見ると、
どうやら試合に負けてしまったみたい。
その姿を見た妹は・・・。

ここにはおいしいごはんがある。水を、自然を、命にかえて。

吉田ウーロン太主演

ここは日本有数の米どころ、新潟県魚沼市。
秋空の下、収穫を間近に控えた黄金色に輝く稲穂の
脇道を大慌てで走るひとりの男性。
どうやら何か忘れ物をしてしまったみたい。
ようやく自分の部屋に戻ってきて・・・。
いったい何を忘れたのでしょう。

監督 大九明子(おおくあきこ)

大九明子(おおくあきこ)

<プロフィール>

横浜市出身。明治大学政治経済学部卒業後、映画美学校・第1期生となる。
2007年『恋するマドリ』(主演:新垣結衣)で長編デビュー。以降、2012年『東京無印女子物語』(主演:谷村美月)、2013年『ただいま、ジャクリーン』(主演:染谷将太)、2013年 『モンスター』(主演:高岡早紀)、2014年『放課後ロスト epi3-倍音-』(主演:松岡茉優)を監督。
最新作は本年公開『でーれーガールズ』(主演:優希美青/足立梨花)。
現在、今年デビュー30年のアニバーサリーイヤーを迎えたTUBEが春夏秋冬連続リリースのシングルに合わせ制作する、4作を通して観た時に一編の珠玉のラブストーリーが完成するショートムービーを監督中。

冷凍さぬきうどん編
「うどんも、ちびっ子たちも、白羽ゆりさんも、そのままで、じゅうぶんチャーミングなので、なるべくありのままの姿を、そーっと、優しく、撮りました。観てくださる方全てのお口に合いますように…。」
たきたてご飯編
「お米も、かぼすも、汗っかきのパパも……。思えばこの物語に出てくる大事なもののほとんどが、水で出来ているんですね。まだ残暑厳しき中で撮影していた我々スタッフも、おいしい魚沼の水をゴクゴクいただきました。 魚沼のお米みたいに、ちょっとは綺麗になったかしら。」

主演 白羽ゆり(しらはねゆり)

白羽ゆり(しらはねゆり)

<プロフィール>

元宝塚歌劇団星組・雪組トップ娘役。84期生。2009年『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア』の東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。退団後は女優として活動をスタートし、映画、ドラマ、舞台、バラエティーにも出演。12月に『シェルブールの雨傘』で退団後初舞台にてヒロインを務める。
2010年にはホリプロ所属となり、9月にはCM、10月公開の映画『大奥』で映画初出演を果たした。
本年7月より、日テレ土曜午後9時連ドラ『ど根性ガエル』に、よし子先生役でレギュラー出演。

「舞台の本番と撮影前の朝ごはんは、必ずと言っていい程うどんです!なぜかと言うと、腹持ちが良くてずっと元気でいられるからです。温かいうどんに豚肉、お野菜、キノコと生姜というのが基本スタイル。夏は釜玉うどん。周りの共演者に勧めたところ、うどんを朝ごはんに食べる人が増えました(笑)
私にとっての元気の源です!!」

主演 吉田ウーロン太(よしだ うーろんた)

吉田ウーロン太(よしだ うーろんた)

<プロフィール>

1978年東京都出身。エフ・エム・ジー所属。
2002年、辻本耕志、竹森千人とコントグループフラミンゴを結成。独創的な世界観を披露している。
俳優として舞台・映画・TVへの出演、またアニメ及び海外作品の吹替えなど声優としても活動中。
フラミンゴ公演の脚本から始まり、今ではアニメ・ドラマ・映画などの脚本も数多く手掛けている。

「ほかほかのご飯は日本人の主食です。僕だって今まで何億粒食べたか知れません。今回、撮影で魚沼の広大な黄金色に実った田んぼを眺めるシーンを撮りました。僕たちの命のかなりの部分を占めているお米たちに、じっくり向き合ってみました。風と稲穂とカエルの鳴き声しかないあの場所で、コウベを垂れるのはこっちのほうですよ、と自然への敬意が溢れました。
ありがとう、ご飯。これからもよろしくね。」

音楽 高野正樹(たかのまさき)

高野正樹(たかのまさき)

<プロフィール>

1970年生まれ。1998年音響効果会社、(株)総合効果センター入社後、(有)プランニングエッグ所属を経て、2006年(株)studio superape設立。
NTT docomo、SkyPerfecTV等のプロモーションや、DVD宮藤官九郎監督『あべ一座』、NHK BSプレミアム『武田鉄矢のショウタイム』オープニングテーマ、同じくNHKBSプレミアムの大人気番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』BGMを手掛ける。
大九監督とはWOWOWドラマ『ああ、ラブホテル(2015年OA)』、メ~テレドラマ『想ひそめし(2015年OA)』に続き3度目のタッグで、独特のあたたかい世界を創り出している。

【キャスト】

うどん編
  • 白羽ゆり
  • 高橋愛羅
  • 酒井亮和
ごはん編
  • 吉田ウーロン太
  • 下山早苗

【制作スタッフ】

  • プロデューサー:矢野義隆/永井拓郎
  • AP:中島裕作
  • 撮影:中村夏葉
  • 照明:渡辺大介(うどん編)/ 疋田淳(ごはん編)
  • 録音:小宮 元(うどん編)/ 鈴木健太郎(ごはん編)
  • 美術:秋元 博
  • 衣装:杉本京加
  • ヘアメイク:柿原由佳(うどん編)/ 唐澤知子(ごはん編)
  • 編集:米田博之
  • 音楽:高野正樹
  • 助監督:吉原通克(うどん編)/ 成瀬朋一(ごはん編)
  • 制作:後藤貴昭 / 堀慎太郎 / 伊藤良徳(うどん編)/ 氏家英樹(ごはん編)
  • 撮影助手:大隈拓郎(うどん編)/ 乙幡優(ごはん編)
  • 照明助手:片岡淳
  • 録音助手:齋藤泰陽(うどん編)/ 録音助手:デルリユジェロ(ごはん編)
Page Top