トップページ > 会社情報 > トップメッセージ

トップメッセージ

代表取締役社長 川股 篤博

「一番大切な人に食べてもらいたい」

一番大切な人に食べてもらうなら、心をこめて丁寧に作りたい。そんな想いをもって、私たちテーブルマークは事業に取り組んでいます。
テーブルマークは、2010年より、冷食・常温事業、調味料事業、ベーカリー事業を中核とする食品メーカーとして歩み出しました。この中でも、特に冷凍麺、冷凍・常温米飯、焼成冷凍パンといったステープル(主食)を中心に、高付加価値な商品の提供に努めております。

たゆまぬ技術革新により、当社はこれまで冷凍えびフライ、冷凍さぬきうどん、冷凍お好み焼、パックご飯、焼成冷凍パンなど、画期的な製法による新しい"おいしさ"を次々と 提案し続けてまいりました。
また、安全に向けた取り組みにおいても、グループの全ての冷凍加工食品工場でISO22000を取得し、生産プロセスに重点を置いた品質管理を実施するなど、最高水準の安全管理に全力を挙げて取り組んでおります。

今後も最高水準の安全管理のもと、技術革新や商品開発に努めるとともに、テーブルマークならではの強みを活かした付加価値を徹底的に追求してまいります。
そして、ステープルを中心に、「身近なのにあたらしい」価値ある商品を皆様の食卓にバラエティ豊かにお届けし、食の舞台である"テーブル"を彩るトレードマークとなれるよう邁進してまいります。

これからのテーブルマークにご期待ください。